FC2ブログ

プロテック株式会社 Blog

プロテック社員が綴る日々の出来事やお知らせ

十角館の殺人:綾辻行人

どうも~!営業課の志田でございます!

プロテック唯一のメタラーを自称しているワタクシですが、今回はメタルのハナシはちょっとお休み!
趣向はぜ~んぜん違うんですけども、今回は『推理小説』のお話をさせていただきます!

いやー私ですね、これまであまり本を読む習慣はなかったんですが、ここ最近、とある小説を読んで、いたく感動してしまいまして。

それがコチラ↓
IMG_9748.jpg
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
綾辻 行人 (著)



あらすじ
「十角形の奇妙な館」が建つ孤島・角島(つのじま)を、大学ミステリ研の7人が訪れた。

館を建てた建築家は、半年前にその角島で、妻や使用人とともに不可解な焼死を遂げたという。

焼死事件の現場・角島に興味本位でやってきた学生達だが、やがて彼らを襲う連続殺人。

ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける。



去年の年末あたりから、「面白い本はねーがー!」などと、なまはげライクに色々調べてたんですが、たどり着いたのが今回紹介する「十角館の殺人」!

書店でブツを発見し、ワクワクしながら手に取ったものの、さっそくここで私の 「燃え上がる読書欲」減退させる事態が発生。

新品の文庫版を購入したんですが、帯には
「ミステリ史上に残る大トリック!」
だの、
「たった1行が世界を変える!」

などと、仰々しい上にモノスゴク胡散臭い売り文句が 「これでもか!」 と書いてあったんですよ。

ミステリ史がどれだけあるのか知りませんが、そんな簡単に 「ミステリ史上に残る大トリック!」 なんて書いてしまっていいんですかね?

いろんな伏線が複雑に絡みあう物語で、ほんとに 「たった1行が世界を変える!」 なんてことが起きるんですかね?

そんなに前のめりに言われると逆に冷めてしまうというか、帯のおかげで読む気を削がれてしまったりして・・・。


と、ひねくれマインドでブツブツ書きましたが、しかし!
読み始めたらやっぱり止まらなくなりました!
ミステリってのはよく出来てますね。読み手の興味を持続させるのが上手いこと上手いこと。


上にも書いた通り、あらすじとしては「外部との連絡手段が無い絶海の孤島」に、わざわざ訪れたミステリ好きの大学生たちが、次々と不可解な死を遂げていく・・・という話なんですが、孤島の中だけで話が展開するわけではありません。

同時に本土からの視点でもお話は進行していきます。

1日目、孤島 → 同時刻、本土 → 2日目、孤島 → 同時刻、本土 → 3日目・・・

というように、2つの視点で物語が動くんですが、これがまた上手く仕掛けてあってねぇ・・・。

孤島には行かず、本土に残ったミステリ研究会メンバーのもとに、脅迫状のような不可解な手紙が届くんですよ。
本土の方では、それをきっかけに、半年前に起こったという 「建築家の焼死事件」 についての謎を追うことになります。
そこで、道中なにやら怪しい人物が何人も登場して、「いま孤島で起こっている大学生殺人の犯人は、本土にいるコイツなのかも・・・?」というように、巧みに読者を惑わせて来るんですよね~。


更には、半年前に起こったという 「建築家の焼死事件」狂言だった可能性があり、

「実は焼死したとされる建築家は生きているのでは?」

「生き延びた建築家が孤島に潜んでいて、大学生達を殺害しているのでは?」

という説も浮上。


「孤島にいる7人の大学生の誰かが犯人なのか?」

「それとも本土の誰かが犯人なのか?」

「はたまた死んだはずの建築家が犯人なのか?」

複雑に絡み合う事件の伏線ですが、それらがとある1行の文章たった1行の文章1つの解答に収束します。


これはお見事というほかありませんでした。まさに衝撃の1行です。
何も知らずに読む最初の一回が最高の読書体験になるので、まだ読んでない方は最高の幸せ者ですよ。

ただし、孤島にいる7人の大学生の名前がスゲー覚えにくいので、読むときはWikipediaの登場人物の項目を見ながら読み進めることをお勧めします!

いやぁ、久々の読書でしたが、かなり楽しく読むことができました!
個人的にかなり感銘を受けたんですが、私の文章で魅力は伝わりましたかね?
もし伝わってなかったら、この小説の最高の売り文句を考えましたのでお読みください!せーの!

「ミステリ史上に残る大トリック!たった1行が世界を変える!」


それではまたお会いしましょう!See you next time!バイバイ!
スポンサーサイト

温泉&カニざんまい♪

こんにちは
サポート課の加賀谷です。

前回の佐藤真歩に続き、母との旅のお話です。

少し時間が経ってしまいましたが、
お正月休みを利用して温泉に行ってきました。

行き先は兵庫県の城崎温泉

城崎温泉は宿のお風呂よりも、
温泉街にある7つの外湯といわれるお風呂を
浴衣を着て湯めぐりするのが定番だそうです。

温泉街はこんな感じです。

1_DSC_0927.jpg

情緒があっていい雰囲気でした
川を挟んで両側にはお土産屋さんや、カフェ、食べ歩きグルメなども多いので、
宿で浴衣に着替えたら外湯へ出掛け、
お風呂上がりにアイスを食べ、
また次のお風呂へ・・・など、
ブラブラとめぐることができます。

冬は浴衣でなんて回れないんじゃないかと思っていたのですが、
浴衣の上に羽織るものも用意されているので、
行きはちょっとだけ寒いですが、帰りはちょうどいい感じでした

高齢の母と一緒なので7つ全部は回れませんでしたが、
いつもとは違う温泉の楽しみ方でした。

城崎温泉といっても、どこにあるのか、
ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、
兵庫県のなかでも神戸からは結構遠く、日本海側にあります。

冬の日本海といえば・・・
そうです!松葉ガニです

今回の目的は温泉だけでなく松葉ガニです

また冬に同じ場所に来ることはないだろうと思い、
せっかくなので、泊まった宿の料理はカニのフルコースにしました。

まずドーンと出てきたのが茹でガニです。

3_DSC_0959.jpg

これは1人1杯なんです!!!

続いてお刺身です。

4_DSC_0960.jpg

これは1人0.5杯です。

写真に青いタグが見えると思いますが、
これがついているのがブランドガニだそうです。

ものすごーーーく甘くて美味しかったです

ここから先は写真を撮るのも忘れて食べましたが、
焼きガニ、カニの天ぷら、カニグラタン、
カニ雑炊、カニみそ豆腐、カニの味噌汁・・・
たぶんカニ3杯分くらいの料理が出たと思います

カニだけで本当におなかがいっぱいになりました
一度にこんなにカニを食べ、満腹感を味わうのは
もう二度とないかも・・・

かなり贅沢してしまいましたが、
母はとても喜んでくれたので、
ちょっとはいい親孝行できたかなと思います

大阪旅行に行ってきました!!


こんにちわ

サポート課の佐藤真歩です

先週の話ですが、母と大阪に行ってきました
大阪は何回か行ったことはあるのですが、
母と行くのは初だったので、とても楽しみに2人であれこれ計画をしてました

2泊3日で大阪観光と、USJに行きました!

まず、USJですが、私が以前行ったときにはまだ存在しなかったアトラクションがあります

フライングダイナソーです

今やUSJ定番になっているので、ご存知の方も多いかと思いますが、
テレビなどで見ていて、めちゃめちゃ乗りたい!!とずっと思っていたアトラクションです

私も母も絶叫系はバリバリ乗れるので、朝8:30ダッシュでこれに乗りました(笑)
かなりスリルがあって面白かったですが、絶叫系が苦手な方は、かなり恐怖を感じるレベルでした

他にも、ミニオンやハリーポッター、スパイダーマンなど、
ほぼ全てのアトラクション制覇できました

IMG_1124[1]

これはミニオンパークの写真です!
ミニオンが超絶かわいかったです


そして大阪観光では、定番の大阪城、通天閣、道頓堀などに行きました!
母と私の共通点は、気が強いことと、声が異常に大きいこと、
そして・・・なによりお酒を飲むのが好きなことです。

ということで、旅行中、串かつやお好み焼きとともに、
毎日昼と夜、ビール2杯必ずと、日本酒などを飲み荒らしてました・・

IMG_1204[1]

どうも、似た者親子です

友達と旅行に行くのももちろんとっても楽しいですが、
親と行くのは気を遣わないので楽ですし、心の底から楽しかったです(笑)

旅行って、行くまではすごく長く感じますけど、
当日から終わるまでって1秒くらいですよね。。
私は旅行から帰ってくると、毎回さみしい気持ちになります(笑)

次は母のリクエストで京都あたりに行こうと思います!

皆さんが旅行で行ってよかったところがあれば、電話で教えてください

有給休暇の取得義務のQ&A

こんにちは、営業部の佐藤(弘)です。



平成最後の年、2019年がスタートしましたね。



でも、早いもので1月も半分が過ぎました。



そうこうしているうちに、あっという間に平成の時代も終わってしまいます。



どうやら今年のゴールデンウィークは、改元の関係で「10連休」になるそうですね。



でも、私たちは事業を営んでいますから、



休みが増えること = 嬉しいこと



ではなく、



休みが増える = 稼働日が減る



と考えなければなりません。



少ない稼働日で、これまでと同じ利益を出すのであれば、
一人ひとりがより効率的に仕事をしなければなりません。



つまり、「生産性の向上」が必要不可欠だということです。



「働き方改革」と聞くと、労働時間が短縮したり、
有給休暇の取得率がアップしたりと、
嬉しいことのように思いがちですが、実は、



これまでと同じ給料を獲得するための厳しさが増す



ということなのです。



そして、これが「働き方改革」の本質であることに
気付かなければなりません。






さて、そんな「働き方改革」により、
4月からは年10日以上の有給休暇が付与される職員に対して、
そのうち年5日については、
施設が時季を指定して取得させることが必要となりました。



そこで今回は、4月からの有給休暇の取得義務に関する内容を
少しですが、Q&A方式で解説します。






Q1:どんなことが義務化されますか?



A1:有給休暇の日数のうち年5日については、
  施設が時季を指定して取得させることが必要となりました。
  職員の意見を尊重しつつ、施設が「○月×日に有給を取ってください」と
  指定することが義務化されます。



Q2:対象者は誰ですか?



A2:対象者は、有給休暇が10日以上付与される職員
  (管理監督者を含む)に限ります。
  有給休暇が比例的に10日未満で付与される
  一部のパートタイム職員は対象者から外れます。
  言い換えれば、パートタイム職員であっても、
  所定労働日数や勤続年数によっては
  対象者となることに注意が必要です。



Q3:前年度から繰り越した有給も合算して対象者を選びますか?



A3:いいえ、一回の付与で10日以上となる職員に限ります。



Q4:自ら5日以上の有給を取っている職員にも付与する義務はありますか?



A4:いいえ、職員が自ら申し出て取得した日数や、労使協定で
  取得時季を定めて与えた日数(計画的付与)については、
  5日から控除することができます。
  例えば、職員が自ら3日取得した場合、
  施設は2日を時季指定すれば足ります。



Q5:付与する期間は?



A5:職員ごとに、有給休暇を付与した日(基準日)から
  1年以内に与える必要があります。






また、年5日の取得義務を果たすためには、
どうやって有給休暇を管理(時季指定)したらよいだろう?
と頭を抱えている方も多いと思います。



そこで、管理方法を一つご紹介します。



とはいっても、考え方は至ってシンプルです。



「付与期間の終了間際になって慌てて付与しなくてもいいように、
こまめに取得状況を確認しよう」というだけのことです。



有給5日消化管理の考え方_1



もちろん、このとおりにしなければならないわけではありません。



もしよろしければ、考え方の一つとしてご参考になさってください。

地元

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
開発課の栗林です○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○

年末年始、皆様いかがお過ごしだったでしょうか。

私は帰省していました。
私の地元は北海道の「美幌町」という場所で、札幌から車で「約5時間」掛かります。遠いです・・・
美幌町について詳しく知りたい方は、是非美幌町のホームページを見て下さい。

そんな美幌町について、昨年こんなニュースがありましたので、ご紹介させて頂きます。
「カントリーサイン」が新しくなる

※カントリーサインとは
まちのシンボルと市町村名を一体化した標識で、道路のランドマークのひとつとして市町村の境界に設置されています。

元々、美幌町のカントリーサインはこちらでした。(画像が荒くてすいません・・・)

私は美幌町でパラグライダーができる場所は聞いたことがありませんでした。
※私がただ知らないだけだと思いますが・・・

そして、新しいものがこちらとなります。

美幌峠の美しさがカントリーサインから伝わってきますね。
新しいものの方が個人的には良いと思います。

なぜ変わったのか、どのように決まったのか等、詳しいことについてはわかりません。
ただ、これを機に皆様に美幌町を少しでも知ってもらえればなと思います。

これからも、美幌町について何かニュースがあれば記載していこうと思います。(´ω`人)
それでは。(´ω`人)

新年のごあいさつ


           亥




   謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

   旧年中はひとかたならぬお世話になり、誠にありがとうございました。

  当社も皆様のお陰をもちまして、無事に新春を迎えることができました。


   これを機に社員一同一層気を引き締めて、皆様のご愛顧にお応えいたすよう

  努力いたしたいと存じます。


  今後とも倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。


   プロテック株式会社
    代表取締役 鈴木 文人
    スタッフ一同

年末のごあいさつ

 平成30年も残すところ、あとわずかとなりました。

皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

本年は格別のご愛顧を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。

来年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。



   プロテック株式会社
    代表取締役 鈴木 文人
    スタッフ一同

カレー

お久しぶりです、サポート課の佐藤麻衣です!

突然ですが、皆さんカレーはお好きですか?わたしは好きです

ルーカレーやスープカレー、キーマカレーなど色々な種類がありますよね。

家でもよく作るのですが、わたし以上にカレー好きな夫が最近こんなものを発見しました。

IMG_1779.jpeg

こちらはAIR SPICEというサービスで、カレーのレシピとそれに使用するスパイスを送ってくれる、というものです。

定期で申し込むと月に1回送られてくるようですが、今回は初めてなので1回きりのお試しコースを頼んでみました。

カレーを一から手作りしようと思っても、どんなスパイスをどのくらい入れたらいいかわからない!
次また使うかもわからないスパイスをわざわざ買いたくない!ということがあるのではないでしょうか?

その点、1回分のスパイスがこのようにセットになっているのはありがたいですよね

また、今回こちらを作るにあたり、こんなものも用意してみました。

IMG_1769.jpeg

こちらはバスマティライスというお米で、中身はこんな感じです。

IMG_1770.jpeg

普段食べているお米と違って、細ながーい形をしていますね。炊き方は普通のお米と変わりません。

食べてみるとサラサラフワフワしていて食感がとっても軽く、決してパサパサではないのが不思議なところです。

そしてこのバスマティライスを先程ご紹介したカレーと合わせると…

IMG_1780.jpeg

右の赤い器に入っているのがカレーです。ライスの隣はサブジという付け合わせです。

食べてみるとわたしが普段食べているカレーの倍以上は辛い!!!!のですが、
どうしてだか食べる手が止まらず、しっかり完食してしまいました

カレールーで作るカレーも手軽で美味しくて大好きなのですが、
たまには時間をかけて作るのも楽しいですね

美味しいカレーのレシピをご存知の方は、ぜひ教えてください

年末年始休業のお知らせ

拝啓
寒気の候、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、弊社では年末・年始の営業を下記の通りとさせて頂きます。
ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。
敬具



 【 年末年始休業日 】

  平成30年12月29日(土) ~ 平成31年 1月 6日(日)

    ○ 平成31年1月 7日(月)は、9:30~17:00 までの営業とさせていただきます。
    ○ 平成31年1月 8日(火)より、通常営業( 9:30~18:00 )いたします。


2018y12m05d_164046868.jpg
 

  ※ 休業期間中もメールによるお問い合わせの受付は行っておりますが、 回答は翌営業日
     (平成31年1月7日)以降とさせていただきますので、ご了承下さい。
     ご不明な点がございましたら、弊社[ 011-640-5565 ]又は[ info@protech-web.co.jp ]まで
     お問い合わせください 。


以上

プログラミング教育必修化について

お久しぶりです。
開発課のO塚です。


いきなりですが、
2020年度から小学校でプログラミング教育の必修化が行われる
ということはみなさんもご存知かと思います。


この事に対する皆さんのイメージはどうですかね。


「そんなこと教えて何になる」
「もっと別なことを教えろ」
「なんだか難しそう」
「自分にはよくわからない/関係ない」
「確かに必要だ」

などなど、様々な考えがあると思います。


正式なプログラミング教育の狙いについては以下の資料を参考にしてください。
↓(PDFの読込に時間がかかるかもしれませんが)
小学校プログラミング教育の手引き(P13)


私が個人的に思うプログラミング教育の狙いとしては、
「何かを作ることの喜び/楽しさを感じる」「向上心を養う」「将来の選択肢を増やす」
等が考えられると思います。


でも、プログラミングは難しいと思うのが一般論ですよね。
確かに、覚えることはたくさんあって、時代の変化によって学ぶことは尽きませんし、
挫折でもしたらどうするんだと思うかもしれませんが、そのイメージは果たして正しいでしょうか。

小学生が行うプログラミングは、我々開発者が行っているような
「よくわからない画面に英語を打ち込んでいる」ようなプログラミングではなく、

視覚的な操作で行う「ビジュアルプログラミング」であるということ。
そのため、「プログラミング」に親しみのない子供でも比較的抵抗なくできるのではないかと思います。


ちなみに、「Ctrl」」+「U」キーを押してみてください。
ブラウザによって表示の仕方は変わりますが、よくわからない英語の文が表示されたと思います。
このページを作っている元になる「HTML」というプログラミング言語です。
これを見ると頭が痛くなりますよね(笑)

「ビジュアルプログラミング」であれば、このようなよくわからない英語の文を打たなくても良くなるということです。
大雑把に言えばですけど。


私としては「プレミアムフライデー」や「サマータイム」よりは現実的な政策だとは思いますが、
皆様はどのように感じたでしょうか。


前回に続き「勉強回」になりましたけど、
次回のブログでは「eスポーツ」について書きましょうかね。


簡単にまとめさせていただきましたが、詳しいことは以下のリンクよりご参照ください。
それでは。


文部科学省(小学校プログラミング教育の手引き):
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm

小学校を中心としたプログラミング教育ポータル:
https://miraino-manabi.jp/

次のページ

FC2Ad