プロテック株式会社 Blog

プロテック社員が綴る日々の出来事やお知らせ

読書感想⑤

こんにちは
システム開発課の齋藤です。

北海道も大分春の兆しを感じるようになってきました。
つい2、3日前にプラスの気温になったり、暗くなるのが遅くなってきたなど、、、
ついこの間、実家でお雑煮を食べていたような気がしますが・・・
日々が過ぎ去るのが加速している今日此の頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今回は趣向を変えて、漫画の紹介になります。
話題になった本なのでご存知の方も多いかもしれません。

「山賊ダイアリー」岡本 健太郎 著

この本を読むきっかけとしては、お恥ずかしい話ですが、ミーハーなところがありまして
話題の本ということだけで、購入し読んでみました。

この本はタイトルに「山賊」とありますが、猟師のお話です。
私はてっきり、山に縄張りをもつ追い剥ぎの類いの話しと思い
購買の二の足を踏んでいたのですが・・・。

著者について詳しいわけではありませんが、漫画家の他に
猟師もされているそうです。
そうです。物語の主人公は著者のようです。

タイトルに「ダイアリー」とあるように、時系列にその日行ったことを
漫画という形式をとっている日記です。
例えば、◯月×日 罠を仕掛けにいく。など

さすが実体験だけあって描写が細かいです。
猟銃の申請や管理方法なども描写されていたり、
実際に猟をした獲物の解体や調理、味の感想など
こういった描写が苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、
自分の知らない世界を感じるには凄くよい本だと思います。

私個人的には、大物(いのしし)の捕獲、解体に纏わる話しの時は
かなりのめり込んで読んでしまいました。

ぜひ、興味がわいたという方は、一度読んでみると面白いと思います。

最近は、仕事の方が立て込んでいまして、読書がないがしろになって
しまっているので、時間を作って楽しみたいと思います。

そして、前回書かせて頂きましたが、せっかく買ったカメラもあまり
活用出来ていませんので、ぜひご覧頂けるような写真も
たくさん撮りたいと思っています。



山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)
(2011/12/22)
岡本 健太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad