FC2ブログ

プロテック株式会社 Blog

プロテック社員が綴る日々の出来事やお知らせ

お酒

こんにちは
開発課の松下です


さて今回のネタですが…「お酒」です。
成人を迎えた人であれば1度は口にした事がある飲み物かと思います。
そしてお酒にも色々な種類がありますが、私が最近はまっているのは「ウイスキー」、別名「命の水」です。


世界五大ウイスキーとして以下の様に分かれるそうです。
 ・スコッチ(ハイランド、ローランド、スペイサイド、アイラ、アイランズ、キャンベルタウン)
   代表:マッカラン、バランタイン、シーバスリーガル
 ・アイリッシュ
   代表:カネマラ、ブッシュミルズ
 ・アメリカン(バーボン、テネシー)
   代表:ジムビーム、ワイルドターキー、ジャックダニエル
 ・カナディアン
   代表:カナディアンクラブ
 ・ジャパニーズ
   代表:山崎、響、白州、余市


お酒自体の原材料(大麦、小麦、ライ麦、コーンなど)が違うのは勿論ですが、
同じウイスキーの銘柄でも熟成年数があったり、シングルモルト(1つの蒸留所)、ブレンデット(複数の蒸留所)と言った種類、
オフィシャルやボトラーズ、シングルカスク、トリプルカスク、クォーターカスクといった樽(カスク)の詰め替え工程の事だったり、
ウイスキーと水、氷だけで色々な飲み方があって面白いです。
(ストレート、ロック、ハーフロック、ミスト、トワイスアップ、水割り、ホット 等々)


あと恐ろしいと思ったのは「プレミアムウイスキー」と呼ばれるウイスキーです。
プレミアム焼酎と呼ばれる森伊蔵は一升で大体3万円前後だとと思いますが、
今年海外のオークションではサントリー 山崎50年が3250万円で取引されたそうです…
もしかすると皆さんのご自宅にもお宝が眠っているかもしれませんよ(笑)


その中でも、スコッチウイスキーの中にあるアイラ・アイランズと呼ばれる種類のウイスキーにハマりました。
sake_20180330.jpeg

このウイスキーは十中八九、好き嫌いがわかれる独特なウイスキーだと思います。


因みにロイズでポートシャーロットを練りこんだチョコレート…ってCMがあったと思います。
ウイスキー自体に興味が無くとも、もしかしたら知らないうちにアイラウイスキーを口にしている人もいるかもしれません(笑)


個人的には最近出来たばかりの厚岸蒸留所のウイスキーが気になっており、先日数量限定で販売された
「厚岸 New Born」を購入しようと色々と奔走したのですが、行ったお店は全て即日完売でした…orz

北海道のあるあるネタになりますが、道外の人達から見ると道内の移動は比較的近くに見える様ですが
実際、札幌から厚岸は行くにしてはちょっと遠い…(高速道路を使用して4時間、高速無しだと7時間はかかります)
大体、東京から名古屋まで行くようなものですが、今年は時期を見て一度訪問してみたいと思っています(^^)



スポンサーサイト

FC2Ad